性感マッサージで疲れをとる

あれは五反田のホテルに泊まっていたときのこと。
デリヘルを呼ぼうと思ったのですが、なんだか疲れています。
それで、こっちからは何もしなくても気持ちよくさせてくれる、性感マッサージを呼ぶことにしました。
きれいな女性が来てくれました。優しげな微笑みが、まず心を癒やしてくれています。
シャワーを浴びた後、ベッドでマッサージをしてもらいます。
彼女の美しい手が、わたしの体を揉みます。体の疲れが取れていきます。
そのうち、彼女の手がわたしの乳首に行きました。乳首責めです。
わたしは乳首が弱いので、悶えてしまいます。それでも彼女は手を放そうとはしません。
しばらくそうして責められた後、今度は下半身への攻撃が待っていました。
睾丸を滑る彼女のやわらかい手。わたしは足をバタバタさせて悶えます。
そして、睾丸マッサージは手コキへと移行しました。
頭が真っ白になり、あまり覚えていませんが、とにかく射精していました。
今までにない気持ちよさで、疲れはすっかり取れました。